2023カレンダー「カナタ」

カレンダーに描かれたイラストと、繊細な切り絵が重なって一枚の絵となるアートカレンダー。

渡邉 良重

1961年山口県生まれ。山口大学卒業。1986年株式会社ドラフト入社。植原亮輔と共に2012年に株式会社キギを設立。アートディレクションやグラフィックを中心に、テキスタイル、商品デザイン、CACUMAでの服のデザインなど幅広くプロジェクトに携わる。ドラフト在籍時にD-BROSの多くのプロダクトを手がけ、2003年にFlower vaseを発表、これまでのフラワーベースのデザインを植原亮輔とともにすべて手がけている。第19回亀倉雄策賞、東京ADC会員賞、TDC賞、D&AD金賞(英)、ニューヨークADC金賞(米)、ONE SHOW DESIGN金賞(米)など国内外の受賞多数。

2023カレンダー「カナタ」

「遠い昔の絵本のような、おとぎ話のような、カレンダーを作りたいと思いました。繊細な切り絵と、その下に描かれた絵の重なりをお楽しみください」 渡邉良重

部屋に風が通るたび切り絵がふわっと舞い、繊細な影を落とします。物語のワンシーンを切り取ったようなイラストは、ふしぎな世界に引き込まれる美しさがあります。

2023カレンダー「カナタ」

通常価格
¥5,280
販売価格
¥5,280
通常価格
単価
あたり 
税込配送料は購入手続き時に計算されます

繊細に切り抜かれた切り絵にイラストが重なるアートカレンダーです。この切り絵カレンダーを商品化するために、半年以上の時間をかけて印刷会社の方々と試作を繰り返し出来上がりました。ぜひお部屋の一番お気に入りな場所に飾って、ふわりとなびく切り絵をお楽しみください。

 

切り絵はカレンダーに糊付けされています。2022年版のカレンダー「BOYS & GIRLS &」と違い、剥がすことはできませんのでご注意ください。

3-4月のピンクの色紙は、「ポルカ」というカラフルなちりが入っているのが特徴の紙です。汚れではございませんので、紙の特徴としてお楽しみください。

 素材 紙(6枚綴り1枚2ヶ月表記)
サイズ 297×420mm