Accessory

D-BROSならではの紙のブローチ。「紙象嵌」という技法でつくられています。

台紙の上に異質の材料を切り抜き、それを接着剤で貼りこみます。このブローチでは、文字が印刷された紙や、蝶が印刷された紙が押されているのです。ただ重ねて貼り合わせるのとは違い、しっかりと台紙の紙の凹みに重ねた紙が嵌まり込み、表も裏も平坦で、圧をかけたときにふうわりと押し込まれる厚みと柔らかさをもっています。ひとつひとつ丁寧に施された紙象嵌とアンティーク調のデザインが、繊細で美しい仕上がりとなっています。